神田明神

都内有数のパワースポット

東京都千代田区にある神田明神といえば、全国的にも知らない人は少ないであろう有名な神社です。

中でも仕事運や商売運、さらに縁結びについては大層なご利益があると伝えられており、東京観光のおみやげとして神田明神のお守りなどの開運グッズを購入する人もたくさん見られます。

もともとは神田明神は江戸城の表鬼門の方向に作られた厄除けのための江戸総鎮守として作られたものなのですが、地元との密着度も高く近隣の住民たちからもかなり大切にされている神社となっています。

神田明神に祀られている神は実質的には平将門とされており、この力の強さから勝負運や強い運気をもたらす神社というふうに慕われるようになりました。

なお神田明神を崇拝する場合には、成田山の新勝寺は平将門を滅ぼした護摩祈祷の地であるため、両方に参拝するのはタブーとされているので気をつけましょう。

神田明神

秋葉原から徒歩数分という好立地

神田明神へのアクセスはJR中央線・総武線の御茶ノ水駅もしくは山手線・京浜東北線の秋葉原駅が最寄りの駅となります。

どちらの駅からも10分と歩かずにすぐに見つけることができるので、特に迷う心配はいりません。

神田明神はここ最近アニメとコラボレーションをするなど広告活動にかなり力を入れているため年間を通じてかなりたくさんの参拝客が訪れるのですが、やはり一番に盛り上がるのはの神田祭の時期です。

神田祭は「天下祭」とも呼ばれ、毎年ではなく2年に一度行われるところに特徴があります。

「天下祭」は江戸三大祭り、日本三大祭として数えられるほど大変大きなものとなっており、特に平成27年の祭りは遷座400年の区切りの年ということもあってインターネット中継を行うかなり盛大なものとなっていました。