振袖

未婚女性が華やかに着用できる振袖

最近は成人式の時に購入される、またレンタルされて着用される方がほとんどだと思いますが、振袖は未婚女性が着用する、未婚女性の第一礼装です。
振袖のお袖が長い方がより格式が高いとされ、改まった場所でも恥ずかしくない礼装となります。

成人式の時などに購入されることが多いと思いますが、最近は文様も着方も、今風になっていて遊び心を出して着用できる置物と考えてもいいと思います。

振袖は最近、結婚された女性もおしゃれに結婚式などに来ていくことがあるようですが、昔は未婚女性以外、着用することのできない着物でした。

振袖の特徴とは

振袖の特徴はなんといっても袖丈が長いということです。
大振袖の場合、125cm、振袖で114cm、中振袖で87cmから106cm、小振袖で76cmから86cmが目安となります。

大振袖は花嫁衣裳に利用されることが多く、振袖は成人式、花嫁さんのお色直し、謝恩会やお友達の結婚式披露宴等、中振袖、小振袖はパーティー、13歳参りの少女用として用いられるのが一般的です。

振袖の生地、文様の特徴とは

縮緬や緞子などの光沢がある生地、また地紋に吉祥文様を織っている紋意匠も多くみられる文様です。
振袖の染織技法は様々で、友禅、絞染め、型染め、刺繍、箔置き等、こうしなければいけないというものがなく、自由に華やかに作られます。

最近は古典文様等も人気がありますし、モダンな柄も若い人には良く似合います。
文様は仮仕立てして模様を付けるという本来の華麗な絵羽模様、反物のまま模様付し飛び柄などのシンプルなものなど色々です。
いずれの模様の付け方でも、仮絵羽仕立てで売られています。

帯は着物に負けないはっきりした色を選択したい

振袖の帯は変わり結びを楽しむことができるように、全通と呼ばれる全部に柄がある者や、六通と呼ばれる隠れる部分に文様がないもの、また錦織や唐織の袋帯を選ぶのが通常です。

伊達衿や帯揚げ、帯締めなどの小物類は着物の色に合わせて、赤、黄色、緑などのはっきりしたコントラストの強い色を選択し、帯揚げについては総絞り、帯締めは幅広の平組、また丸組の金糸が入ったものなどを選ぶと華やかになります。

既婚女性が振袖を着用することもありますが、この場合、色留袖、訪問着などと同様に帯を選択する方がいいでしょう。

振袖、どんなものを選べばいい?

成人式などで振袖を選ぶという時、聞慣れていない着物を選ぶことになるので、どう選んだらいいのかわからないという人も多いです。
基本的に振袖の色、柄は自分がいいと思うものを選べばいいのですが、その人の顔の形、顔の色、顔の雰囲気などによって似合う色、柄なども違ってきます。

小柄の人が大柄の文様の振袖を選ぶと柄に負けてしまいますし、大柄の人が小柄の文様の振袖にするとより大きく見えますし、ぼけて見えます。
伸長が高い人、ふくよかな方は、反物が限られるので早めに準備すること、またレンタルという場合でも、着物が少ない所も多いので早めに抑えておく方が好きな物をレンタルできると思います。