訪問着

よくわからない着物のこと、訪問着ってどういう着物?

日本人なのに日本の伝統衣装となる着物というと何もわからない、という女性、多いと思います。
しかし今、夏に浴衣をファッションとして着用するという人も多くなっているので、夏場は和装をよく見るようになってきました。

着物は着付けも併せ方も難しい、だからとっつきにくくなってしまうのですが、種類がわかりにくいというのも着物を遠ざける要因となっています。

訪問着はおしゃれ要素をもっている準礼装の着物です。
これを1着持っていると御呼ばれなどの際に便利なのでこれから置物を買う予定がる片にもおすすめです。
訪問着は色留袖の次にフォーマル、準礼装となる着物です。

ビジティングドレスになる訪問着

英語圏にはビジティングドレスという言葉がありますが、この同格の着物として明治時代から訪問着ができました。

この時に考えられた訪問着は、ビジティングドレスということで公式な場に出ていくに相応しい、訪問用、社交着ということで作られ、三つ紋が付けられています。

現在はさらに略式となっていて、一つ紋の場合もありますし、紋を付けずに仕立てて披露宴やパーティー、お見合い、茶会などに着用する着物として利用されています。
未婚、既婚を問わず着用できる着物の一つです。

訪問着はどんな生地、どんな文様?

訪問着は非常に様々な生地、文様が利用されており、縮緬も緞子も繻子も、羽二重も利用されますし、絽、紗なども利用されます。

文様も絵羽模様で肩、袖、それに裾、全体等、文様の位置も様々です。
絵羽模様を付ける時には白生地を袖丈、身丈にたってそれから着物の形に羽縫いしてから、下絵の文様を書いてほどき、1枚の布に荒く縫って友禅、ろうけつ染などで下絵のとおりに染めていきます。

古典模様もあり、現代柄もあり、非常に多種多様で様々な柄を楽しめるという点でも、訪問着は楽しい着物です。

訪問着はどんなふうにコーディネイトすればいいのか

訪問着の帯は、留袖と同じで袋織を利用します。
文様が古典柄という場合には、帯も古典柄のものを、現代的なモダンな柄という時には、帯も現代風のものを利用すると失敗しません。

下着をあわせてきた着物なので、通常比翼仕立て、若しくは伊達衿をあわせるのですが、訪問着の文様、また着用される方の好みで、伊達衿等あわせずに着用されることもあるようです。

長襦袢が袖口、振りから見えるのは目立つものなので、白、薄い色の訪問着は長襦袢が見えないように着物よりも薄い色の襦袢をあわせます。
淡いピンクや水色、藤色の緞子の場ぼかし等が一般的によく利用されているようです。

帯についてはぼかし、絞、箔置き等淡い色のものが好まれているので、帯締めなども薄い色を利用した帯をあわせるといいでしょう。
ただわからない場合などは、店員さんに聞いてコーディネイトを手伝ってもらうといいと思います。