色無地

準礼装に利用できる慶忌両用の色無地

無地の着物も華やかにもなるし、厳かにもなるし、色々な場面で利用できる着物です。
色無地は無地染めの着物の事で、紋をつけることで慶忌両方に利用できる着物です。

模様染は多彩ですが、色無地は用途に応じて着分けることができるので、利用範囲が非常に広い着物です。

色無地、無地染めの木も音は、人生の節目となる時期に利用されてきた利用範囲が広い着物です。
花嫁さんの白無垢も色無地の着物の仲間ですし、還暦の紅衣裳、また喪服の黒無地も色無地の仲間です。

昔女学校の生徒が卒業式に着用した着物は、色無地、袴、五つ紋が式服だったといいます。
現代も卒業式や入学式などに付き添う母親が着用する時、色無地は部案ですし、茶席という時でも色無地をきる事が多いので1着持っていると非常に便利です。

生地と地紋、地色、色無地の基本とは

色無地は一越縮緬、古代縮緬、紬などの様に地紋がないもの、緞子、紋意匠の様に地紋があるものが利用されています。

地紋がある色無地は慶弔両用として水、雲、波などの有職模様を利用し、慶事のみ、という場合には、吉祥文様の地紋です。

明るく華やかな色味の色無地は慶事、両用にする場合には、紫、藍色、ねずみ色などの色を選びます。

色無地を持っていると慶びのお席にも、悲しみのお席にも両用できるものがあるので非常に便利です。
これから着物を着たいと思う方も、色無地を1着持っていると何かと重宝すると思います。

色無地の紋の数は?技法は?

紋の数、これも着物に慣れていない人からすると、どうなの?と迷ってしまうことです。
色無地に5つ紋を付けると改まった「式服」、3つ紋は無紋の訪問着よりも格が上の準礼装です。

1つ紋の色無地は1つ紋付の訪問着よりも略式となるのですが、色無地の場合、訪問着よりも落ち着いた、控えめなイメージの着物として品格があり利用される方が多いです。

オシャレに着用できるという点も色無地のメリットと考えることができます。
染め抜き、略式の縫い紋などで家紋を表現しますが、友禅、刺繍、洒落紋などを置くと、より華やかで品格があるイメージになります。

色無地の着物、コーディネイトはどうする?

色無地の着物のコーディネイトはどのようにすればいいのかというと、色無地の特徴を考えて、小物などで印象的に変えて着用することができるという利点があります。

色無地で柄がないので、小物や帯の使いようで全く違う印象の装いとなるのです。
5つ紋、3つ紋は色留袖と同様と考え、帯や小物なども色留袖と同じように合わせていくといいと思います。

帯等のあわせ方が分らないという方は、お店の方に聞いてどんな印象で着用したいのか相談しながら選ぶといいでしょう。