色留袖

五つ紋付色留袖は未婚女性も着用できるって知っていますか?

私達現代人は、日本特有のファッションだというのに着物のことについてほとんど知識を持たないといっても過言ではないと思います。
日本古来より身に付けてきた着物、しかし、どんな着物をどんな時に着用すればいいのか、それもわからないという人が多いと思います。

独身女性は振袖をきるという印象がありますが、実は振袖だけにとどまらず、五つ紋付色留袖などは独身女性も着用できるのです。
五つ紋付色留袖は、黒留袖と同格とされ、未婚女性でも祝いの席などに着用できる第一礼装となります。

お友達の結婚式などに着物を着ていきたいと思う時もありますが、年齢が若い時なら振袖でもいいと思います。
しかしある程度の年齢になると、未婚であっても持っている振袖が派手すぎるということもあるかと思います。

そんな時に便利なのが、五つ紋色留袖です。
黒留袖と同格で第一礼装として着ていけるので、結婚式などのおめでたいお席にぴったりです。

色留袖は紋の数をよく見てほしい

海外のドレスコードに、第一礼装、礼装・・・などがある様に、日本にも礼装、準礼装などがあります。

日本の礼装や準礼装については、紋の数、種類などによって基本的に格式が決められています。
黒留袖の場合、染め抜き日向五つ紋と決まっているのですが、色留袖は五つ紋と、三つ紋、一つ紋があります。

紋の種類についてはその数に係わることなく、通常染め抜き日向紋が一般的です。
ただもっと華やかにしたいと思う時などは加賀紋、刺繍紋等特徴的な洒落紋とすることもできます。

色留袖を持っていると便利、応用範囲が広い

結婚式、披露宴などのおめでたいお席、祝儀については、新郎新婦のお母さま、仲人夫人が黒留袖を着用します。
親戚で出席する場合は色留袖を着用することもあります。

新郎新婦の姉妹、20代、30代の女性や、新郎新婦の叔母などにあたる人が色留袖を着ていくというのは非常に「よい」ことです。
というのも、この色留袖は第一礼装となるものなので、慶びの気持ちを表す、礼を尽くした装いとなるからです。

色留袖でも三つ紋や一つ紋の場合には、準礼装ということになるので、結婚披露宴のみ、また茶会、パーティーなどに来ていくこともでき、持っていると非常に便利です。

仕立て屋文様はどうなっているのか

色留袖でも五つ紋を付けるという場合、礼装となるので比翼仕立てにします。
三つ紋、一つ紋の場合、比翼を付けることなく仕立てて、白、着物と同色の伊達衿を付けておしゃれに着用するという人が多くなっています。

文様は黒留袖と同じに格式ある紋用のもの、また最近では格式よりもより華やかに見える文様の色留袖もでてきています。

着用範囲が非常に広い着物となりますが、紋の数、種類などもありますので、どこに来ていくことが多いか?という事を考えて購入する方がいいでしょう。