黒喪服

黒喪服、色喪服、悲しみの心を表現する着物

黒喪服、色喪服は悲しみの気持ちを表現する喪の時に着用する着物です。
黒無地の喪服は第一礼装、地味な色無地は略礼装です。
慶事の場合、時間がありますので用意することもできますが、弔事という場合、急なことになるので、しっかり準備しておくことが求められます。

喪の装いの時には葬儀、告別式の喪主、ご家族、参列者共に喪服に黒喪帯を締めて参列します。
悲しみのお席の第一礼装となります。

その他、葬儀ではなく法事、偲ぶ会などの場合、第一礼装ではなく喪という場所に相応しい色無地、江戸小紋などの喪の略式礼装をあわせますが、このことを色喪服といいます。

喪服の格式は、着物の色など以外にも、帯の色の組み合わせからも決まるので覚えておく必要があります。

黒喪服と黒喪帯、黒喪服と色喪帯、色喪服と黒喪帯、色喪服と色喪帯、という順番に略式となっていきます。
これは地域によっても違いがありますが、通常親族は三回忌まで、黒喪服を着用し三回忌以降は色喪服という所が多いとききます。

黒喪服と黒喪帯の場合はどう選べばいいのか

色無地は一越縮緬、古代縮緬、紬など、文様がないものもありますし、緞子、紋意匠の様に地紋があるものを利用します。
地紋がある時には慶弔両用として利用でき、この場合、流水、雲、波などの有職模様と呼ばれる文様を用います。

通常慶事用、つまりおめでたいお席に地紋は吉祥文様の地紋です。
慶びのお席、慶事には明るく華やかに色、柄を利用し、悲しみのお席、弔事には悲しみの色、また両用するという場合は、紫、藍色、ねずみ色などの色が正しい利用となります。

色喪服と色喪帯のあわせ方は?

色喪服は喪服として利用する色無地となりますので、茶色、灰色、紫、臙脂、藍色などの地味な色を用います。
生地に光沢がある綸子、羽二重などは場に相応しくありません。

縮緬等光沢がない地味色の色無地を選択します。
地紋のない一越縮緬、古代縮緬等がいいとされますが、もしも地紋がある紋意匠縮緬などを選択される場合には、慶事に利用する吉祥紋などを避けて、流水、雲、網代などの文様を選ぶようにするのが基本です。

江戸小紋を利用するということなら、極型の冷め小紋などがふさわしいと思います。
色喪帯は、色喪服と同じように地味な色合いの袋帯、控えめな印象となる名護屋帯が適しています。
染め文様はハスの花などがよいとされています。

喪の小物類の選択について

喪の場面でも、小物類が必要となります。
小物は喪が薄くなっていくにつれて、黒ではなく地味な色でいいとされています。

半襟、長じゅばん、足袋は白、白い幅襦袢を慶事にも活用したいという時、つまり両用したい場合、流水、雲などの地紋にするといいと思います。