黒留袖

黒留袖は祝儀のフォーマルな着物

黒留袖というとみなさんも親類の結婚式、またご自身の結婚しこの際、お母様が着用されているのを見たことがあるのではないかと思います。
祝儀のために作られたもので、黒字の着物の背中心、両胸、両外袖という5カ所に日向紋が染め抜かれ、裾に模様がかかれています。

祝儀の時に着用する着物として現在は一般的に利用されていますが、昔は祝儀に利用するということではなく一般的に着用するものだったようです。

留袖というと、古くは女性が18歳になった時、または結婚されると、それまで着用していた振袖をきって短くして利用していたものです。
切って短くする、袖を留めるということから留袖という風習として伝わってきた着物です。

留袖は昔この様に大人の女性がごく当たり前に来ていた着物でしたが、黒字染め抜き日向5つ紋の江戸褄を既婚女性の式服にするという習慣が、19世紀初頭から民間に広がったことで、それ以来、留袖は黒留袖絵を言い表すものとなっています。

黒留袖に絵がかれている文様は?

黒留袖の生地は、しぼが小さくかかっているもので硬く織った縮緬が用いられています。
共八掛と呼ばれる裏地の袖部分が表地と同じ生地です。

本来は黒留袖の下に、白羽二重の着物を下着として着用しましたが、最近は着用しやすくするために、衿、袖口、振り、おくみが2枚重なったように仕立てる比翼仕立てで作られています。

黒留袖には季節の文様もあり、例えば1月は松竹梅、雪待笹、水仙等、2月には梅、椿、蘭、3月には雛などの人形、桃、腸、4月には桜、牡丹、水紋、流水、5月に花鳥、雲、御所解き文様など、季節に合わせた文様があしらわれることがあります。

黒留袖は金銀白の帯や小物を使って華やかに

現代は祝儀に着用することが一般的となっていますので、おめでたいお席に似あう様に、小物、帯などは金銀白などを利用し華やかな印象に仕上げるといいでしょう。

黒留袖は裾だけに文様がありますが、縫い目で模様が途切れることがないように絵羽模様となっています。
染め、箔、刺繍などを用いた吉祥文様、有職文様、正倉院文様等の品格のある文様が利用されています。

こうした文様は着用される人の年代、個性などから華やかさ、優雅さ、さらに品格等、ポイントがそれぞれ違ってくるので、着物を購入されるときに着物のお店の方に相談されて小物、帯などを考えていくといいでしょう。

年齢を考えると、高齢になるほど色遣いが地味、文様が小さく位置が低めがよいとされます。
年配者向きの黒留袖の文様などもありますので、着物に詳しくないという方は、やはりお店の方によく相談されて購入される方がいいと思います。

着物にあった小物選びなどもなかなか難しいので、着物を購入される際、一緒に購入されることがお勧めです。