着物の織の種類

着物の織にはたくさんの種類がある

着物は様々な製法で作られており、非常に複雑な作りとなっています。
着物を作る時の白無地の反物、これは繭から引きだしよりあわせてつくった絹の生糸と呼ばれるものを利用し、織り上げます。

反物の織というのは非常に種類が多く、非常に複雑なのですが、降りあがった生地をみると同じ色の糸を利用していても織の違いによって全く違う印象の着物になります。

織り方の基本とされる繻子という織り方

繻子(しゅす)というのは着物の織方の中でも基本とされるもんで、表面に経糸、緯糸のいずれかが出てくるという手法です。
見た目に光沢がある事が特徴で、触るとするすると滑らかです。

繻子には繻子織、平織、綾織という三つの織があります。
朱子織は経糸を多く浮かせ織った縦繻子、緯糸を多く浮かせて織った横繻子があります。
美しく光沢がありますが、平織、綾織よりも耐久性が劣ります。

平織は緯糸と経糸を交互に折る事で地模様は左右対称となり、非常に硬く織り上がり摩擦に強いという特徴を持ちます。
これはブロードやオックスフォードと呼ばれます。

綾織は経糸に2本、3本を利用してから緯糸1本を縦糸の下にくぐらせるという繰り返しで織る方法で、交差が斜めになっていきます。
斜文織とも呼ばれることがあり、伸縮性に富んでいてしわになりにくい織です。
ただ耐久性は低くなります。

撚らない糸を利用した綸子という織

経糸と緯糸、両方とも撚らない糸で織りあげる繻子織の一種です。
これは後染め様に利用される生地です。

どのように織るかによって地紋が浮き出てくるのが特徴的で、縮緬より生地には厚みがないのですが、光沢もあり手触りが非常によい記事になります。
振袖、附下、さらに襦袢や帯揚げにも利用されることがあります。

生地が薄いという特徴があるので、裏地がついた袷仕立て、また真夏以外の時期に着用する裏地梨の単衣仕立てなどでよく利用されています。

模様がはっきり出てくる緞子という織

先染である織の着物の生地になる織で、非常に模様がはっきりする繻子織です。
経糸、緯糸の色を変えることで文様をおる事も出来、生地は厚く重量感があるため、高給織物とされることが多いです。

着物のほかに帯に利用される織で、少ないのですが後染めの着物にもまれに利用されることがあります。

こまかい「しぼ」ができることが特徴的な縮緬

縮緬は細かい「しぼ」(織り糸の縒り具合から出てくる織物の細かい縮れのこと)ができ表面にぼこぼこした凹凸が特徴的な織物です。

緯糸に撚りのない生糸を利用し経糸には糊付けされている強い撚りのある糸を利用し平織で織ります。
織り上がってからソーダを混ぜたせっけん液で数時間煮沸すると経糸についていた糊が盗れてしぼが出来ます。

染めの着物に利用される生地で、表面にしぼができるので、暖かい風合い、ふんわりした風合いになります。
高給極不、帯、帯揚げ、風呂敷や巾着など幅広く利用される織です。

地紋の内後染め様の織、羽二重

羽二重は撚りの内生糸で織る平織の生地で、非常に滑らかな生地になります。
緞子とは違い地紋がないので、後染めに利用されます。
紋付の礼装に利用される高級な織です。

羽二重の一つとして、塩瀬があります。
塩瀬羽二重というのですが、羽二重よりも経糸を密にして、太い緯糸を利用して厚みを持たせた生地です。
これは半襟、帯などによく利用されます。

盛夏に着用する着物に利用される絽

絽はもじり織という特殊な織で作ります。
経糸2本を交差させながら織り、緯糸を数本置きにスキマを開けながら織りあげていきます。
経糸でスキマを作る方法もありますが、この場合、経絽と呼ばれ区別されています。

7月から8月の盛夏に着用する単衣仕立ての着物用で、留袖、訪問着、色無地などによく利用される生地です。

絽よりもスキマが均等にすけたイメージになる紗

絽と同じようにもじり織で作るのですが、経糸2本に緯糸2本を交差させて織るので、絽よりも間隔が均等になり、すけたイメージになります。
絡み織で地紋がある紋紗、帯などによく利用される紬糸を利用した紬紗があります。

紗は絽よりも格が舌となるので、準礼装、街着として着用する着物に利用します。
絽と同様に、盛夏に着用する単衣仕立ての着物用です。