付下

着物の種類、付け下げとはどんな着物?

付け下げといわれても、どういう時にきていい着物なのか、どんな着物なのか?よくわからないという人も多いです。
付け下げは訪問着をより簡略化した着物で、訪問着よりも気軽で小紋よりも格式の高い染めと考えておけばいいと思います。

付け下げは、左右の見ごろ、型から袖にかけて模様がつながっていないという特徴があります。
華美な訪問着が禁止されていた戦時下、考案された文様の付け方、その着物の事を付け下げといいます。

訪問着の場合仮仕立てにしてから絵羽模様をかきません。
反物の状態できたときに模様がすべて上を向くように絵がかれています。
この着物は非常に人気となって、上前と衽と前身頃の縫い目で文様がきれいにつながる様に改善されていきました。

付け下げ訪問着と呼ばれるような、付け下げにしては華やかなイメージの付け下げができるなど、当時かなり人気となったのです。

しゃれた絵柄がポイントにあしらってあるというものもありますし、着物の概念をあまり感じない、自由度高い着物というイメージがあるので、これから着物を着たいと思っている方にとっても、着用しやすい着物ではないでしょうか。

訪問着よりも安い価格で購入でき、模様もとても個性的で、洋服等シンプルなものに慣れている現代人にはこうした付け下げの方がとっつきやすいと思います。
きていける場所は披露宴、またパーティーなどを限られているのですが、それでも人気がある着物なので、現代人も取り入れやすい着物と考えるといいでしょう。

付け下げは通常、反物の状態で呉服店に並べられていますが、着物になるとイメージがガラッと変わるものも多いので、仮絵羽に仕立てて売っていることもあります。

色々な生地、染技法が利用されている楽しい付け下げ

付け下げは着物の中でも自由度が高く、楽しい着物で、現代人にもぜひ一着持っていてほしい着物です。

生地も染めも本当に様々で、縮緬、緞子、紋意匠などに仕上げられていたり、大島紬や結城紬等織も様々です。
織の着物の付け下げ柄は特に、着物が好きという人に好まれていてこうした着物は様々なシーンに着用されているようです。

絞染め、刺繍などの楽しい着物も非常に多くなっているので、付け下げをもっと多くの人が着用してもいいのでは?と思うくらいです。

付け下げはどんなふうに合わせたらいい?

コーディネイトは難しい・・・普段の洋服でも難しいのに着物となると約束事が分らないから余計に難しく感じます。

付け下げの帯は名護屋帯、袋帯などを着ていく場所によって選びます。
控えめな付け下げなら名護屋帯がよく似合います。
改まった場所にきていくということなら、帯揚げや帯締めなどに、金銀が少々入ったものを利用されるといいようです。