加賀友禅

加賀友禅とはどんな染物なのか

加賀友禅という名前は着物にそれほど詳しくなくてもその名だけは知っているという方が多いのではないでしょうか。
加賀友禅の歴史は500年ほど前、加賀の国独自の染技法「梅染」と呼ばれる技法が始まりといわれています。

梅染に模様が施されるようになったのが17世紀です。
加賀御国染と呼ばれた兼房染、色絵、色絵紋などの非常に繊細な技法がこの時に確立され、ここから加賀友禅が現在に伝承されています。

加賀友禅の友禅糊の技術を定着させ、技法の質をより高めたのは、宮崎友禅斎、京都で高い人気を誇った扇絵師でした。
宮崎友禅斎は、金沢の御用紺屋棟取の太郎田屋に身を寄せて修行、そこで斬新な美しいデザインをいくつも創案しました。

後に加賀百万石の武家文化の中、加賀友禅の多くの名工が誕生し、現在も加賀友禅にしか出せない鮮やかな色彩を持った染が完成されていったのです。

加賀友禅の特徴は五彩といわれる臙脂、藍、黄土、草、古代紫という5色の入りを基調とした着物の生地によくあう自然の風合いを感じさせる染です。
写実的な草花模様が主軸となる絵柄は、一目見て加賀友禅とわかるほどに美しく人々を魅了しています。

一つ一つの線が手書きで丁寧に描かれているため、絵柄の表情が柔らかで外側が濃く、内側に淡くなっていく外ぼかし、虫食いといった技法に、仕上げに金箔、絞りなどを使い立体感のあるデザインにするなど、加賀友禅独特の表現があります。

加賀五彩と呼ばれる基礎の5色が友禅を輝かせる

加賀五彩は加賀友禅の基調となっている色で、古来より伝承されてきた色の使い方です。
ただ加賀友禅が今、この現代でも人気を保ち、着物の染として現代に残るいくつかの技法と共に伝承されたのは、作家が自由に時代の好みに合わせてこの基調となる五彩を個性的に利用できたという事もあるかと思います。

こうした伝統的な技法というのは、何もかもが昔と同じでなければそれと認めないという技法もあります。
しかし、基礎に五彩を持っていながらも、時代の流行、作家自身の個性を出すことができる加賀友禅は進化しているともいえるのです。

加賀友禅の制作工程は工程だけでも9つ!

加賀友禅は工程だけでも9つあり、丁寧に根気強く時間をかけて制作される手書きの手法です。
手書きだからこそ、この世に同じものは1点としてない、という事も加賀友禅を価値ある者とする所以です。

図案を作成し仮仕立てを行い、そこからやっと下絵を描きます。
下絵に沿って糊置きを行い彩色、下蒸しを行い中埋めし染にはいります。

地染から本蒸し、水洗いを行って脱水と乾燥、そして仕上げ・・・工程以外にも行うことがあり、丁寧に急がず、時間をかけて作られていくのが加賀友禅の技法なのです。

加賀友禅の名を全国に届けた巨匠の中の巨匠といわれる人間国宝の木村雨山、草花の繊細な某社は雨山を凌駕するとも言われた談議所栄二、96歳で天寿を全うするまで品格ある作品を描き続けた能川光陽、迫力ある力強い構成力で美しい友禅を作りだした成竹登茂男など、加賀友禅は沢山の名工をこの世に送り出しています。