桐生織

桐生織とはどんな織?

桐生織の始まりは、宮中に仕える白滝姫という方が、桐生の山田家にお嫁に来て、その際に、村人たちに養蚕、機織りなどを伝えたといわれ、それが最初といわれています。
1200年も前のお話です。

鎌倉時代、新田義貞の旗揚げ、さらに1600年もの昔、関ヶ原の合戦で徳川家康公が桐生の白絹の旗を用いたなどから、桐生織物は早い時期から全国的にその名をはせてきました。

19世紀の前半には幕府の保護にもあい、金襴緞子、糸錦などの最高級織物を生産するようになっていき、これら質の高い技術は現代に残されています。

群馬県桐生市の特産品となっている絹織物「桐生織」

群馬県桐生市の特産品としてこの桐生織という絹織物があります。
西の西陣、東の気流と呼ばれるほどの高給品で、昭和初期までは基幹産業として日本の産業を牽引してきた織物です。

羽織、紬、コート、帯等多種多様なものが作られています。
太平洋戦争中、大きな織物工場は軍需産業用に転換されてしまい、桐生織の工場も当時、軍事用として利用されたという背景があります。

戦後、再建されないまま廃業した工場が多く桐生にも大きな工場は残っていません。
現在は、基幹織物業に加え、染め物、整理、加工、刺繍などたくさんの小規模事業所によって総合産地となっていて、桐生織は生産量が少なく貴重な織物となっているのです。

桐生織の特徴と造り方

桐生織は戦国時代、その旗として利用されるほど丈夫だと知名度が高くなった織物です。
また桐生織は品種が非常に多く、生産量が少ないという付加価値の高い物で、ジャガード織物と呼ばれます。

非常にセンスのいいデザインや文様が多いので、若い世代の方々もなじみやすい織物だと思います。

桐生織は生糸や絹糸を利用して作る織物で、デザインや紋紙、機拵(はたごしらえ)などの準備をしっかり行い、織り上げられます。

織る際には撚糸、染め色、糸くり、緯糸管巻き、整経を行い織り上げていきます。
お召の場合には、八丁撚糸機を利用し縒りをかけた緯糸を利用して、製織を行ってからしぼ取りするという長い工程によって創られます。

桐生織は素材を活かして織る事が出来る織物

桐生織は様々な天然素材また化学繊維などの素材を活かし織る事でき、非常に魅力ある織物です。
桐生織はその他の織とは違い、特長的な要素を持っているので、桐生織にしか感じられない感触があります。

先染物でも後染物でも、プリント物でも、どんなものにも多用できるということもあり、国内はもとより海外からも評判の高い織物なのです。
着物にしてもよい風合いがあり魅力的な和装になります。

古くから伝承されてきたこうした織物は、この先、若い人にも伝承し、絶えることなく未来に残していかなければならないと感じます。