京友禅

美しく繊細な染物、京友禅

着物というと東京よりも京都などが浮かぶという人が多いと思います。
特に京都は着物がよく似合う風景がそこかしこにあり、京都で着物を着つけてもらって京の街を歩くという体験をされたことがある方もいるのではないでしょうか。

友禅は元禄時代に誕生したといわれ、当時扇面絵師をしていた宮崎友禅斎という方が考案した技法といわれています。

元禄時代、京都祇園に暮らす扇面絵師、宮崎友禅斎により考案され、着物に紋様を書いた染が生まれたといいます。
紋や刺繍、緊迫などの加工技術を継承し、さらに多彩な色調、自由な筆致によってまるで美しい絵のような染物です。

当時このような美しい発色と自由な図案の染は珍しかったという事もあり、美しいものが好きな京都の方々は虜になったとされています。

考案したのが宮崎友禅斎という方だったので、その名を取り、友という字を取り入れて友友禅と呼ばれたといわれています。

江戸時代から発展した京友禅

現在の技法に近い筒糊置が定着したのは江戸時代、天保の頃です。
しっかりとした防染力があったため、非常に繊細で細やかな線を書くことができるようになり、明治になり天然染料に加えて欧州などから化学染料が伝わり、絹を今までよりもずっと美しく染め抜くことができる技法が確立されたのです。

古くから伝えられてきた技法に、江戸時代になって新しく染の原料となるものも登場し、より美しい友禅が出来上がったのです。
京友禅はこうして江戸時代に発展したといわれています。

現在の京友禅は、型友禅と呼ばれる型紙をもちいて同じ紋様の着物を沢山染める事ができる技法と、昔ながらに1品ずつ、手書きで丁寧に作り上げる手描き友禅があります。
型友禅は手描き友禅よりもお値段が手ごろなので、友禅を気軽に身に着けることができるようになりました。

手描き友禅は本友禅、堰出(せきだし)友禅、蒔糊(まきのり)友禅、無線友禅(濡れ書き友禅・描上げ友禅)があります。
型友禅は型紙悠然と摺込(すりこみ)友禅があります。

最近は手書き体験などもできる

京友禅に興味がある方は、京友禅体験などを行っている工房もあるので、一度訪ねて体験されてみるといいと思います。

浴衣やアロハ、Tシャツ、風呂敷包みを染めるなど様々な体験ができ、旅のいい思い出になると思いますし、日本伝統の技法を知ることができる貴重な体験になるでしょう。

京友禅の特徴、工程すべてが分業という事

京友禅には各工程にスペシャリストが存在し、それぞれが自分のパートを丁寧に職人技で作り上げていく、分業制です。
それぞれに専門の職人がいて、そのパートだけの技術を磨き、スペシャリスの集団で作るのが京友禅です。

全体にはんなりとした表現が好まれるという京友禅は、仕上げに金箔刺繍などが施され、より美しい着物として人気があります。