西陣織

平安朝以降連綿と受け継がれてきた日本伝統の西陣織

京都、西陣で古くから生産されてきた多品種少量生産という特徴を持った先染の紋織物を総称したものです。
平安朝以降、連綿とその技術が伝承され磨かれ、美しく繊細なデザインは今も高い人気がある織です。

この西陣という名称は西陣織工業組合の登録商標で、生産地域がかなり広く境界などもよくわかっていません。
行政区域に西陣はないのですが、西陣織に情熱を傾けている業者がいる地域は北西部に位置するといわれています。

西陣織の歴史は深い

西陣織の源流といわれているのは、古墳時代という古き時代にまでさかのぼります。
5世紀、6世紀ごろに大陸より渡来人である秦氏の一族が山城の国、現在の京都、太秦あたりに移り住み、養蚕、絹織物の技術をこの地に伝承したといわれています。

平安京への遷都が行われ、朝廷は絹織物技術を持つ工人を織部司(役人)の下に組織し、綾、綿など当時高級といわれた織物を作らせます。
つまり国営の織物業がここで行われていたという事です。

織物を作る工人は現在の京都市上京区上長者町あたりに集結し、織部町の形を作ったと今につたえられています。
鎌倉時代になると大宮の絹と呼ばれ珍重されるほどになり、室町時代には組合のようなものが結成され、公家、武家からの注文にも応じるようなります。

室町時代、京都の街で東軍と西軍に分かれ争った応仁の乱がおこりました。
織物の街は壊滅状態となりましたが、戦いが終わりその後、元の位置に近かった白雲村、西軍の本陣とされた大宮今出川付近で再開され、これが西陣の名のもとになったといわれています。

以降は江戸時代に高機(たかはた)と呼ばれる技術を取り入れ、豊臣秀吉からのほどなどを受けながら繁栄し、度重なる飢饉、二度の大火を乗り越え技法を磨き現代に至っています。

西陣織の美しい織の種類

西陣織には綴、経錦、緯錦、緞子、風通、錑織、本しぼ織、ビロード、絣織、朱珍、紹巴、紬という種類があります。
そのうちの綴の繊細な折を少し、紹介します。

綴(つづれ)は、平織を応用した織で、緯糸で紋様を織る技法なので経糸と比較して3倍、5倍ほど大きな緯糸で経糸を包みこみ織ります。
織りあがった織物を見てみると経糸が見えなくなります。

ジャガードの作用によることなく、紋様の部分ごとに織り上げていくという技法で、無地の部分を除き、織巾全体に緯糸が通る音なく、紋様の色糸同士の境目に隙間があるという特徴を持っています。

綴を織る際、職人は自分の爪を道具にします。
爪をのこぎりの刃のようにギザギザに形作り、紋様の部分に自分の爪を使いぎゅっと織り込んでいくという技法です。

この綴れの場合、複雑な文様を作るときには1日で1㎝四方しか作ることができないという場合もあるくらい、根気も熱意も技術も必要な織なのです。