指月

下町・浅草で過ごす純和風旅館

浅草雷門

都内の観光名所である浅草にある純和風の老舗旅館が「指月」です。

「指月」は浅草の仲見世の中程にある交通の便にすぐれたところで、古い日本家屋らしい佇まいと独特のインテリアなどで人気の和風旅館として知られています。

創業当時は木造2階建ての小さな旅館としてスタートしたのですが、徐々に人気が高まってきたこともあり現在では6階建てとかなり大規模に改築をしています。

ですが基本的な構造やインテリアなどは創業当時とほとんど変えないまま使用されており、周囲にある浅草の建物となじむ日本らしい室内の景色を作り上げています。

「指月」は古い日本家屋らしいロケーションは残しつつも、近代的で使いやすい設備を取り入れているところに特徴があります。

部屋は基本的に和室で作られていますが、洋室のシングルルームも同じ建物の中にあり予算や宿泊数に合わせて部屋を選ぶことができるようになっています。

改築当時は洋室も多めに作られていたのですが、和室の人気があまりにも高いためにあとから和室に作りなおしたという部屋もいくつかあります。

最もハイクラスの部屋となっているのが特別階で、二間続きの広い和室を贅沢に使い最上級の景色を見ながら都内の夜を満喫することができます。

屋上階にある大浴場がおすすめ

「指月」の大きな特徴になっているのが、6階の最上階にある大浴場です。

都内の旅館の多くはビジネスホテルとなっているので大浴場がそもそもついてないという施設が多い中にあって、まるで地方の温泉旅館のような快適な大浴場があるというのは大きな魅力です。

それぞれの室内にもお風呂はついているので、どちらでも好きな方を利用することができます。

6階にある大浴場からの展望は眼前にある観音様五重塔がライトアップされている様子を絶好の場所から眺めることができるので、観光をするときには絶対にこちらがおすすめになります。

遠くにみえるスカイツリーも鮮やかで、木造のお風呂から見える景色との対比がまた大変美しく映ります。

なお先に説明した特別階のハイクラスルームもこの大浴場と同じ眺めを窓から見えるようになっています。

希望をすれば朝食がつきます

都内の旅館の多くは、食事は別のところでとりたいという希望者が多いこともあってあまり本格的な食事は出されないことが通常です。

この指月でも通常の予約では食事のつかない素泊まりとなっているのですが、別途料金を支払うことでホテルの朝食をとることができます。

朝食は純和風のものと洋食スタイルのものから選べるようになっており、どちらもたっぷりとした量の本格的なメニューです。

おすすめはやはり和食で、本格的な味噌汁や漬物など日本の旅館らしいメニューを取り揃えてくれています。