茶茶の間

都内でも珍しい日本茶カフェ

表参道「茶茶の間」は、日本茶ソムリエのいれる本格的な緑茶を飲むことができる珍しいお店です。

英国などで日本茶ブームが起こっている反面で、日本国内では緑茶を飲む機会や量は減少傾向にあり、その健康効果の高さとはうらはらになかなか本格的なお茶の入れ方を知らない日本人も増えてきているようです。

ですので来客用として出されることが多い緑茶も、それがどんな種類でどういった入れ方をされるのが適しているかということがわからないまま無造作に扱われていることも多く、そのお茶っ葉本来のもつうまみをうまく引き出すことができないということもよくあります。

そこで表参道「茶茶の間」では、全国の産地でとれるお茶っ葉を丁寧に分類しその葉ごとに入れ方を変えるという丁寧な方法で出していくことで、そのお茶本来のうまみを味わってもらおうというコンセプトで営業をしています。

普段なにげなく飲んでいるお茶も、こんなに風味が違うのかとびっくりするほどになるのでお茶好きや和菓子好きなら絶対に一度は足を運んでもらいたいカフェです。

和菓子

約30種類以上の茶葉を体験

表参道「茶茶の間」では約30種類以上にものぼる茶葉を使用し、一杯ずつ丁寧に入れていきます。

お店は表参道から路地に入ったちょっと見つけにくいところにありますが、喧騒から隔てられた小さなお店で過ごす空間はまたそれもお茶の味を引き立ててくれる要素になります。

日本茶や和のスイーツをメインにしているお店ですが、店全体の雰囲気や内装は決して和一辺倒というわけではなく、どちらかというと洋風のおしゃれなカフェに近いものとなっています。

お茶を注文したときには、かなり細かくどういったふうにお茶をいれて飲めばよいかということを指導してもらえるので、お店に行って注文をするだけでもかなり日本茶の勉強になります。

お店で出される特選茶葉はオンラインショッピングなどでも購入ができるので、気に入ったものを繰り返し注文するということもできます。

同じ緑茶をホット・アイスと別々に楽しむことができるようにもされており、相当に細かくその葉っぱについて味わいつくせます。

和スイーツやランチもおすすめ

表参道「茶茶の間」では、喫茶の他にランチやスイーツも注文することができます。

ランチもスイーツも、使用する食材には有機野菜や天然素材を厳選しており食べるだけで体が元気になるようなメニューとなっています。

ランチセットは日替わりA~Cまでの三種類となっており、野菜を中心としながらも肉類などをどういった調理法で付け足すかということで違いが見られます。

どれもとてもおいしそうで目移りしてしまいますが、どれも色鮮やかで見ているだけでも楽しいプレートなので何度か通いながら定番のメニューを試してみてください。

スイーツもやっぱり和風のものがおすすめで、抹茶を使ったアイスクリームで作る「茶茶パフェ」や、「手炒り焙じ茶寒天の黒糖アイスクリームのせ」のようにお茶の成分を使ったものが風味も高く一番人気となっています。