然花抄院 

京都室町通りから渋谷ヒカリエに出店

「然花抄院(ぜんかしょういん)」は、渋谷の大型商業施設であるヒカリエShineQの中にある大人気の和喫茶です。

ヒカリエ

本店は京都府室町通にあり、周囲には呉服屋などがある老舗ばかりの土地の一角です。

京都本店の店舗は元禄13年に建築をされたという大変貴重な建物で、それを和喫茶として改築することで現在でも居心地のよい使いやすい空間にしています。

2009年8月に京都本店がオープンしてからというもの、老舗喫茶の多い京都においても大人気のお店となり、現在もカフェのほか物販やギャラリーとしても広く利用をされています。

その勢いを引き継ぐ形で関東に出店したのが渋谷ヒカリエShineQ店です。

渋谷ヒカリエ店は2012年4月にオープンしており、京都本店と同じようにカフェ以外にギャラリーとして利用をしていたりと多彩な活動で人気となっています。

場所は渋谷駅すぐ近くにある渋谷ヒカリエShineQの5階で、同じ建物の地下2階には京都本店でも取り扱っている物販をするスペースがあります。

参考>>http://zen-kashoin.com

茶庭(さてい)然花抄院のメニュー

同じ建物の中に2つのお店があるので、カフェスペースである5階のお店を「茶庭 然花抄院(さてい ぜんかしょういん)」として名称を区別しています。

入り口は黒塗りの木造で高級感が漂うものですが、内部は充分にスペースがありくつろいで過ごすことができるようになっています。

店内では月ごとにギャラリーや工房を開催しており、そうした作品を見ながらゆっくりとお茶とお菓子を口にすることができます。
 
なお京都本店にはない渋谷ヒカリエ限定のメニューもあります。

お店ではお菓子類だけでなく、京都名物である「ぶぶ膳」というお茶漬けも注文することができランチにも利用をすることができます。

「ぶぶ膳」で使われるお茶はもちろんお店でも出される高級茶なので、そのよい香りをご飯で食べることができるという大変贅沢な内容です。

一緒に出される温泉卵や漬物数種も京都らしい盛り付けの美しさを感じることができる美品です。

お店の看板メニューにもなっている「然 カステラ」は丹波の黒豆で育てた鶏の卵を使ったもので、濃厚な味わいが大人気となっています。

他にも抹茶系のお菓子が充実しており、これぞ和風というお菓子が次々とメニューには並びます。

夏季限定のかき氷がおすすめ

コンセプトも料理もすべてが秀逸なお店なので一番のおすすめというのは決めがたいところなのですが、あえて勧めるなら夏季限定のかき氷があります。

普段の主なメニューは抹茶を使ったカステラやわらび餅、抹茶フロートなどといったものとなっていますが、そこに夏にはお茶の風味を生かしたかき氷が加わります。

夏季限定のかき氷は抹茶風味とほうじ茶風味の2つがあり、いずれも口に入れた瞬間にお茶の香りが広がる非常に好評のメニューとなっています。

氷は台湾かき氷のようなフワフワしたタイプではなくシャリシャリとした口当たりのもので、暑気を爽やかに払ってくれるようです。

かき氷の上にはお茶で作ったアイスも乗せられてくるので、濃厚な甘みもきちんと一緒に感じられます。

和風かき氷好きからの評価が非常に高いメニューなので、夏には忘れずに一度は食べに行きたいものです。