浅草寺

浅草寺の歴史

浅草寺は西暦628年、宮戸川、現隅田川において漁師の兄弟が漁を行っていたところ、網に何度捨ててもかかってくる仏像がありました。
その仏像を兄弟の主人で辺り一帯を治めていた土師中知に献上すると主人がこれを拝んで出家、家に仏像をご安置したことが始まりといわれています。
この仏像は聖観世音菩薩像で埼玉県飯能市を流れる成木川から、東京の隅田川まで流れてきたとされています。

なお、浅草寺は「せんそうじ」と読み、「あさくさでら」とは読みません。
これは、お寺は音読みとされ、神社は訓読みとされているからです。

浅草寺は源頼朝、足利尊氏、さらに徳川幕府からも祈祷所とされてきました。
正勝小人が観音堂を建立し、ご本尊が秘仏とされており、当時の江戸に暮らす方々から厚い信仰を受けていました。
今もこの下町にある浅草寺は、地域振興の源で、多くの方が参詣に来ます。
また浅草寺は海外の方々からも高い人気を誇っており、仲見世とともども、東京観光の名スポットとなっています。

境内は見所一杯です

本堂の西南にそびえる五重塔は美しく、圧倒的な存在感があります。
945年に平公雅により建立され、消失、再建を繰り返しながら現在、浅草寺のシンボル的存在として鎮座しています。
江戸時代、この五重塔は江戸四塔と呼ばれ明治時代には国宝とされました。

常ににぎわっている仲見世を通り本堂の手前にある壮麗なる建物が、宝蔵門です。
この門の裏に回ると多いなわらじがあります。
このわらじは長さ4.5mという長さを誇ります。
左右にあるわらじは男わらじ、女わらじといい、魔よけの働きを持っているといいます。
触ると足腰が元気になるといわれ、高齢な方が祈り触っていくのです。

仲見世から本堂に向けて左に行くと影向堂(ようごうどう)と呼ばれるお堂があります。
この敷地内に設置されているのが、浅草寺の大仏です。
青銅性の阿弥陀如来像で、1000人近い信徒の方々が建立さえたものだといいます。

見てほしいスポットまだあります。
鳩ポッポの歌碑です。
小さい頃にこの歌を口ずさんだ記憶をお持ちの方も多いと思いますが、この鳩ポッポの歌は、「鳩」という文部省唱歌で、この歌碑に書かれているのはその原曲となるものではないかといわれています。
ふとここに本物の鳩がやってくることがあるので、カメラを持っていくとチャンスを逃すこともないでしょう。

雷門裏、天龍・金龍像を見る

浅草寺というと雷門、雷神風神の前や大きな提灯の前で写真を撮る方も多いのですが、見逃しがちなのがその裏、雷門の裏には天龍・金龍像があるのです。
凛々しいお顔立ちの美しい像です。

龍神は仏教徒を護るという信仰があるといわれ、雷門を護る神様としてここに建立されているといいます。
龍神を人に見立てたというこの像は本当に美しく、龍神であることが、手に持っている球でわかります。