瀧泉寺

瀧泉寺は関東最古の不動霊場

瀧泉寺は天台宗寺院目黒不動尊瀧泉寺といい、関東でもっとも古い不動霊場であり、日本三大不動にかぞえられています。
江戸時代には徳川家康公の帰依によって堂塔伽藍が造営されて以来、それ以降も幕府の保護を受けて、現在に至ります。

慈覚大師が大同3年に開創したとされ、御本尊は不動明王です。
瀧泉寺は、近隣の方々から目黒不動尊として親しまれ手います。
江戸五色不動として、目黒、目白、目赤、目青、農地の一つとしても親しまれ、人々から厚い信仰を受けています。

門前町としてにぎわいもあり、当時、江戸近郊の有名な行楽地としても知られていました。
江戸時代後期に入ると富くじがここで開催されるようになり、江戸の三富と呼ばれていたのです。
江戸の三富は瀧泉寺のほか、湯島天神と、谷中感応寺です。

戦争のため、境内の古い建物については大半が焼失したのですが、厄災を逃れた前不動堂は東京指定文化財、また勢至堂は区の指定文化財となっています。
江戸時代当初からの建物として、江戸時代の貴重な仏道建築を伝えるお堂として、非常に貴重なものです。

勢至菩薩像

江戸時代中期あたりの創建とみられている瀧泉寺勢至堂には勢至菩薩像が納められています。
全体的な姿、細部の絵模様など、当時、優れた意匠が現代に保存されており、寛永の、再び瀧泉寺が栄えていた時代の面影を今に見るといわれる建物です。
ここにある向かって右の前不動堂との関係を考えると、勢至堂は前不動堂と比較して、建築意匠については格が低いと考えられますが、細部に類似性があり、勢至堂は前不動の建立からほどなく、前不動堂を意識して建立されたのではないかと考えられています。

創建当初から現在の場所にあったのではなく、もともとは旧不動堂の前方にあった可能性が高いです。
昭和44年、目不動堂の修理の後、現在の位置に移動したものですが、美しい緑の中に溶け込むように存在する姿は、瀧泉寺全体の景観を優れたものとしています。

江戸時代の仏道建築を見せてくれる前不動堂

江戸名所図会にも現在の位置に前不動として図示されている前不動堂は、佐玄竜書と署名されていますが、筆者である佐々木玄龍は万次郎という呼び名を持っており、池庵を号としています。
瀧泉寺本堂の前、石段の下、独鈷滝の左側にある崖の下に位置し、本尊木造不動明王立像などが安置されています。
これは、庶民信仰が便よくできるようにと安置されたものだと考えられ、この前不動堂は、江戸時代の仏道建築を今に伝える建物として、非常に貴重なものとされています。

江戸から脈々と続くお不動様を信仰するこの瀧泉寺は、地域の方々の心のよりどころであり、常に地元住民と共にありました。
現在も江戸時代の建物をみる事ができるのは珍しく、多くの参拝客が訪れています。